【介護職 転職・再就職】後悔しない職場の選び方

厚生労働省の最新の調査結果によると、介護サービスの利用者は、居宅・施設ともに増加傾向にあります。
このことから、介護職は求人数も多く、比較的転職・再就職がしやすい業界と考えられます。
それと同時に、職員に過度の労働をさせたり、利用者にいい加減な対応をする、ブラックな施設も多いことが社会問題となっている側面もあります。
転職や再就職を考える場合は、どんな施設なのかを見極め、慎重に決めたいところです。
今回は、職場選びのポイントを見ていきたいと思います。

【職場選びのポイント】

1.条件に優先順位をつける
できることなら、給料が高い、または安定していて、家から近くて、残業が少なくて、人間関係が良好で、建物が綺麗な職場で働きたいところですが、完璧な職場はそうそうありません。
自分が求める条件に優先順位をつけ、上から一番目か二番目に来る条件と合致する職場を探しましょう。
例えば、子育てをしながら介護職に復帰したい場合は、高い給料は諦めてパートタイムに応募したり、もし見学させてもらえるなら利用者数に対して職員がたくさんいて余裕がありそうな施設を探すなどといったことです。

2.良い職場を見分けるポイント
条件を絞り込んだら、求人の募集要項と面接から得た情報をもとに、どんな施設なのかを見ます。
なるべく、自分の性格や価値観と合いそうな施設を探したいですね。

(1)求人を出す頻度が適切
年中求人を出しっぱなしにしている施設は要注意。
人手不足やサービス残業が原因で働きにくく、すぐに人が辞めてしまう職場という可能性があります。

(2)給料や条件が適切
給料が高いことや、条件がいいことは魅力的ですが、同じ地域の施設とも比較しましょう。
他の施設よりも極端に給料が高いにも関わらず、年中求人を出している場合、人がすぐに辞めてしまう職場という可能性があります。
高条件なら普通、応募が殺到するので、年中求人が出ているということは考えにくいです。

(3)施設の雰囲気
職場での人間関係や働きやすさなどは実際に働いてみないと分かりません。
しかし、求人と面接・見学で得た情報で、どんな職場なのかはある程度の予想はつけられそうです。
例えば、利用者も職員も笑顔が多く、明るくて穏やかな空気が流れる施設は、人間関係も良好で、精神的に余裕を持って働けそうです。
しかし、覇気がない職員や、利用者に対して常にきつい口調で対応している職員が多い施設は、辞めておいた方がいいかもしれません。
儲けばかりを優先して職員数に対して無理にたくさんの利用者を受け入れていたり、職員同士の人間関係が極端に悪く、精神的に疲れてしまう職場の可能性があります。

【最後に】

今回は、自分に合った、より良い職場選びのポイントをまとめました。
これらのポイントを踏まえて求人を探しても、自分に合いそうな職場がなかなか見つからない時は、介護専門の転職サポート「株式会社コネクト」にお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 当たり前が少なすぎ~介護職のボーナスはどれくらい?

  2. 転職3ヶ月、慣れない、辞めたい…と思うのはナゼ?

  3. 外国人も勇気もってチャレンジ!介護職への転職について

  4. 転職希望の方も必見!受かる職務経歴書のポイント!

  5. 介護業界・転職への不安

  6. 転職は、あなたのセールスポインをアピールすることで有利になる

  7. 失敗しない転職の確認事項

  8. 介護ロボットと創る介護の明るい未来

最近の記事

  1. より良い職場の選び方

    外国人看護大学生が行う実習内容
  2. より良い職場の選び方

    看護留学中の大学生がアルバイトで注意すること
  3. より良い職場の選び方

    インターンシップに参加するための普段着どこまで許…
  4. より良い職場の選び方

    特定技能1号・2号で変わる在留資格条件

おすすめ記事

  1. より良い職場の選び方

  2. より良い職場の選び方

アーカイブ