介護職のキャリアアップについて

【はじめに】
介護職は、介護現場において重要な職種ですが、特別な資格がなくても行うことができるお仕事です。
しかし、介護のお仕事には、人の命にかかわることもあるので、きちんと学んで資格を取ってステップアップしていくことが求められます。
こちらでは、介護職のステップアップのための研修についてご案内します。

【介護職のキャリアアップパスとは?】

これまでの介護職の資格は、ホームヘルパー1、2級、介護職員基礎研修などがありましたが、養成体系が不明確な点が見られたため、2013年にホームヘルパー研修と、介護職員基礎研修を廃止となり、介護職員初任者研修と、実務者研修がスタートしました。
このことから介護職員の養成体系が、介護職のキャリアパスは、介護職員初任者研修→実務者研修→介護福祉士→認定介護福祉士(仮称)と明確になりました。
また、介護一筋でさらにステップアップを目指すのであれば、認定介護福祉士が最上位となると思われます。すでにホームヘルパー1級2級と、介護職員基礎研修を終了している方や看護師は、終了要件を満たしているとみなされます。

【介護職員初任者研修とは?】

では、キャリアアップパスの一番初めである、介護職員初任者研修についてご紹介します。
介護職員初任者研修は、2013年の4月から始まり、それ以前のホームヘルパー2級に代わる資格となります。この研修の目的は、介護職員としての初歩的な知識と技術を身につけるためのものです。
この研修を受講するための条件は特になく、介護職員を目指している方であれば、どなたでも受講可能です。

【実務者研修とは?】

実務者研修は、以前のホームヘルパー1級に代わる資格で、初任者研修から介護福祉士への道筋に位置しているもので、初任者研修よりもさらにスキルアップを目指す方へ向けたもので、痰吸引や経管栄養などの医療行為も研修内容に含まれ、さらに専門的な研修となります。
介護福祉士を目指す方は、この実務者研修を終了していることが、条件となります。
実務者研修の受講にあたっては特に条件がないため、初任者研修を受けずに実務者研修を受けることも可能です。

【介護福祉士について】

介護福祉士は、国家資格であり、社会福祉士法と、介護福祉士法によって定められています。
介護ニーズのある方に対して、幅広い知識と技術をもって、的確な判断が求められます。
介護福祉士の受験資格として、実務経験が3年以上の方が受験できるルート。福祉系高校ルート(カリキュラムによってパターンが異なる)。
協定によって海外の介護人材を受け入れる経済連携(EPA)協定ルート。養成施設に通っていることが条件の養成施設ルートなどがあります。詳しくは「公益財団法人 社会福祉復興・試験センター」のサイトをごらんください。
さらに介護の道を極めたい方は、認定介護福祉士を目指すことをお勧めします。

【まとめ】

こちらでは、介護職員としてのスキルアップのための資格取得について、ご紹介しました。
さらに、ご自身の目標を定めて、必要な資格にチャレンジしていきましょう。

関連記事

  1. 介護職に転職する際の3つのポイント

  2. 看護職のキャリアアップの方法を探してみよう

  3. 日本国内で外国人の就労に必要となる証明書

  4. 離職者・求職者必見~介護職における求人の動向は?ポイントご紹介

  5. 介護の転職 ~自己PRのポイント~

  6. 介護初心者が30代の転職で見つけた 人生のキャリアアップ

  7. 介護職の転職は空白期間があっても大丈夫!!

  8. キャリアアッププランを考える人にとって大切なものとは?

最近の記事

  1. より良い職場の選び方

    外国人看護大学生が行う実習内容
  2. より良い職場の選び方

    看護留学中の大学生がアルバイトで注意すること
  3. より良い職場の選び方

    インターンシップに参加するための普段着どこまで許…
  4. より良い職場の選び方

    特定技能1号・2号で変わる在留資格条件

おすすめ記事

  1. より良い職場の選び方

  2. より良い職場の選び方

アーカイブ