転職3ヶ月、慣れない、辞めたい…と思うのはナゼ?

「心機一転、転職した会社だったはずなのに…なかなか慣れない」と焦りを感じている方も多いのではないでしょうか。中には「辞めたい」とまで思ってしまうこともあるかもしれません。
転職3ヶ月目の壁をどう越えるか。またその葛藤が起こってしまう理由について説明したいと思います。

【3ヶ月目の葛藤は必然だった⁉】

転職3ヶ月で辞めたいと考えるのは、決してあなたが弱い人間だからということではありません。
実は、転職3ヶ月目というものは誰もが悩みに陥りやすい時期なのです。
葛藤に陥りやすいわけをまとめてみました。

・「研修期間」というタイムリミット
転職してからの3ヶ月は大抵の会社で「研修期間」が取り入れられています。
3ヶ月たったらすぐこの会社の即戦力として働いてもらうため、転職してきた人が覚えることは膨大です。いわば研修期間以外の時期よりハードといえる期間といってもよいでしょう。
・新卒ではないので仲間がいない
新卒採用だと、同期の人達と共にスタートができますが転職してきたあなたは1人。
1人で新しい会社の雰囲気や動向をつかみ、上司や同僚の名前を覚え、仕事内容を把握しなくてはいけません。
・以前の会社と比べてしまう
以前勤めていた会社に不満があって転職をしてきたとしても、その会社にも良いところはあったはずです。仕事内容・人間関係のどちらにせよ、良かったところだけ思い出しがちになります。

【万が一辞めてしまうのは大きなリスク】

もしここで辞めてしまったとしましょう。
そうしたらあなたには大きなリスクが待っています。
・「3ヶ月で辞めた」という事実ができてしまう
これは履歴に残ってしまいますので、当然採用する側の印象は下がってしまいます。
・3ヶ月で辞めたことで自信を無くしてしまう
一度3ヶ月で退職してしまうと、次の転職先でのハードルは心理的に高く感じてしまいます。

しかし、もし転職先がブラック企業で多すぎる残業時間など心身に異常をきたす危険がある会社であれば、短い期間で辞める決断をすべきでしょう。
ただ、そういう会社をまた選んでしまわないように転職エージェントなどの専門家に相談に行きましょう。

【転職3ヶ月の期間をまず超えてみる】

3ヶ月がんばり、次は4ヶ月、次は半年…と少しずつステップを上げていくことが大切です。
そのために最初の3ヶ月の期間はどんな人でも大変な期間であることを頭に入れて1日ずつ進んで行きましょう。それを超えたら研修期間も終わるのですから、仕事内容のスピードも3ヶ月よりは緩やかになっていきます。そしてそこで自然とまわりの雰囲気を覚え、仕事や同僚の人柄がわかってきた自分に気づくはずです。

【まとめ】

無事3ヶ月を乗り切ったときには自分を褒めましょう。誰もが大変だと思う期間をあなたは乗り越えたのです。転職したからこそわかったこともでてくるでしょう。そして転職したことはあなたの貴重な経験になり、これからの人生に大変役立つはずです。

関連記事

  1. 介護職は学歴不問!経験を積んでさらなるステップアップを!

  2. 転職に有利な時期・タイミングとは

  3. 外国人大学生が就職の選択肢を見極めるインターンシップ

  4. キャリアアップが可能な介護職~異業種からのキャリアチェンジに最適な理由…

  5. ここが変わった介護保険改正

  6. 介護職におけるキャリアアップの考え方って?ポイントご紹介

  7. キャリアアップのためにする転職での理由とは?練り方ポイント

  8. 特定技能外国人への期待

最近の記事

  1. より良い職場の選び方

    外国人看護大学生が行う実習内容
  2. より良い職場の選び方

    看護留学中の大学生がアルバイトで注意すること
  3. より良い職場の選び方

    インターンシップに参加するための普段着どこまで許…
  4. より良い職場の選び方

    特定技能1号・2号で変わる在留資格条件

おすすめ記事

  1. より良い職場の選び方

  2. より良い職場の選び方

アーカイブ