転職先での第一歩は自己紹介から始まる

転職の際にある面接。その時行われる自己紹介にはどのような意味があるのか気になりませんか。それで、今回は自己紹介について調べてみようと思います。自己紹介の理由、重要さなどを詳しく調べていきたいと思います。これを調べておくことで入社、転職の際、自己紹介をどのように対応していけば良いのかが理解できるでしょう。

■自己紹介とは・・・

自己紹介とは何かというと、自分を知ってもらうために行う相手への行為です。自分が自らの氏名、年齢、住所、趣味、特技、仕事(会社・部署・職種など)など1分程度で完結にまとめたものが、自己紹介となります。自己紹介をすることで面接官に自分のことをある程度知ってもらい、ここから面接を開始となっていくわけです。

■中途採用で行われる自己紹介

応募者の名前や職歴などの情報は、応募書類である程度把握できているはずですが、採用面接ではなぜか自己紹介をしなければいけません。その理由は主に2つあるのです。それではその2つのことについて調べていきたいと思います。

◎自己紹介がある理由1
まず1つ目は、会社への応募者がどのような方なのかを簡潔に知るためです。応募者が多くいる場合には、面接官は一日に何人もの応募者と会い、面接を行うことになります。

一度は応募者の応募書類に目を通していたとしても、応募者全員の情報を完璧に覚えているのは困難ですよね。そのため、面接官は多くの場合は、履歴書を見ながら自己紹介を応募者本人にお願いし、その情報と応募書類が一致しているのかを確かめ、記載内容を確認して応募者への理解を深めようとしているわけです。

◎自己紹介がある理由2
そして2つ目に、応募者の緊張をほぐしてあげるためだと言われています。採用面接に集まった方々は多かれ少なかれ絶対に緊張してしまいます。そのため、自分らしさを出しにくい状況になっています。

これから始まる面接に向けて転職希望者の緊張を少しでもほぐし、いい状況で面接を受けさせるため、わざと簡単な自己紹介や雑談などでアイスブレーキング(初対面者同士が打ち解けるために行う手法)を行って、本来の自分を表現できるようにします。

■自己紹介の重要性

自己紹介は面接での応募者と採用担当者のファーストコンタクトということなので、面接の最初にある自己紹介は応募者の第一印象が決まってしまうと言っても過言ではありませんね。そのため、焦らず自分のペースで自分のアピールできて、良い印象を与えるチャンスも十分ありますが、話す内容で相手への与えるイメージも大きく左右してしまうのです。

自己紹介で自分の印象をいか良く見せられるかが重要で、面接の合否に大きな影響を与えると言ってもいいでしょう。

株式会社コネクトは介護の現場で働くあなたを応援します! 転職をご検討の際にはお気軽にお問合せください。

関連記事

  1. 転職を成功させたい~前職場の方がよかったと後悔しないポイント

  2. ここが変わった介護保険改正

  3. 介護職員の離職率~女性にとって働きやすい職場とは?

  4. 【介護職 転職・再就職】後悔しない職場の選び方

  5. 看護大学生からステップアップする日本の看護を担う外国人看護師

  6. 介護職における問題点~働きやすい職種であるためのポイント

  7. 介護職の男女比はどれくらい?それぞれの役割がある?ポイントご紹介

  8. 介護職に転職する際の3つのポイント

最近の記事

  1. やっぱり介護職が好き

    介護の定義って何だろう?
  2. より良い職場の選び方

    外国人がインターンシップで使うメールアドレスは別…
  3. より良い職場の選び方

    日本国内で外国人が就労する為の制度、その変遷。
  4. やっぱり介護職が好き

    日本国内での外国人の就労期間

おすすめ記事

  1. より良い職場の選び方

  2. より良い職場の選び方

アーカイブ