高齢化社会の大事な役割担う介護職

介護職の役割と聞いてすぐに思い浮かべるのは、身体の不自由な高齢者への身体介護かと思いますが、介護の現場で働いている者にとって、それだけではない現実があることもまた事実です。今回は介護職の意味・役割について調べていきたいと思います。

■介護職の方が働く場所

介護職にもいろいろありますが、介護職の場所も多くあります。その場所により働き方、患者、利用者へのカバーの仕方は変わっていきます。そして、介護職の役割も変わっていくのです。では、介護職の方はどこで働いているのか。介護職の方が働く場所は大きく分けて3つあります。病院、デイサービスセンター、そして、利用者の家です。それでは、その場所では、どのような作業、業務をし、役割をしているのでしょうか。

■働く場所で違ってくる役割

◎病院
病院で働く介護士の役割は、主に病院に入院した患者への対応になります。また、看護師の補助業務となっています。入院患者は身体の自由が利かない方も多くいるので、そのような方の為に快適に療養生活を送ってもらえるよう、食事、入浴、排泄、移動などの介助業務を行うのが役割です。

その他にも、ベッドのシーツの交換、清掃、洗濯などの身の回りのお世話もありますが、医師から指示などのカルテ整理、医療器具の管理、配膳もあり、看護師のサポート業務も重要な役割となります。

◎デイサービスセンター
デイサービスセンターで働く介護士の役割には、まず利用者に可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、自宅へこもりがちな利用者の孤立感解消や心身機能の維持を手助け、家族の介護の負担軽減などを大きくカバーすることを目的とします。

その役割に対し利用者が通所介護の施設に通ってもらい、施設では、食事、入浴などの日常生活上の支援をしたり、生活機能向上のための機能訓練、口腔機能向上サービスなどを日帰りサービスとして提供します。施設は利用者の自宅から施設までの送り迎えも行います。

◎利用者の家(ホームヘルパー)
介護者が健康で健やかに暮らすためには、利用者自身の自立するための手助けが必要とされます。その役割を担うのがホームヘルパーの役割です。自由に過ごしてはいるものの、高齢者としてはやはり、病気、障害などにより、身体を自由に動かすことが出来ない方も多いものです。このため住み慣れた地域、自宅に住み続けるには、とても大変なことが多いといえるでしょう。それをホームヘルパーは出来るだけ生活環境は変えずに、利用者の横に寄り添い手助けをしていきます。そうすることで利用者の家族も負担軽減されます。

株式会社コネクトは介護の現場で働くあなたを応援します。転職をご検討の際にはお気軽にお問合せください。

関連記事

  1. 介護職の適性について考える

  2. 日本国内での外国人の就労期間

  3. 介護職は体力勝負!?体力を維持する方法とは

  4. 介護現場において連携は重要

  5. 介護における自立支援を考える

  6. 介護職をまた始めたいけどブランクを感じる時

  7. 介護職の専門性を発揮するポイントを知る

  8. 転職後の目標を設定しよう!!

最近の記事

  1. より良い職場の選び方

    外国人看護大学生が行う実習内容
  2. より良い職場の選び方

    看護留学中の大学生がアルバイトで注意すること
  3. より良い職場の選び方

    インターンシップに参加するための普段着どこまで許…
  4. より良い職場の選び方

    特定技能1号・2号で変わる在留資格条件

おすすめ記事

  1. より良い職場の選び方

  2. より良い職場の選び方

アーカイブ