看護師と介護士の役割り

病院において看護師は医療中心の業務が役割となっていますが、介護士は、看護助手として看護師等のサポートとして介助を行います。一方、介護施設において看護師は、福祉が中心になります。介護施設では看護師と介護士がいますが、お互いの職種はどの様な仕事の内容・役割・考え方をしているのか詳しくみていきたいと思います。

◎基本的な視点が違う
看護師と介護士では、根本的に考え方が違います。介護士は、日常的に介護を必要としている方に(主に高齢者)の身の回りの介助を行い安心して生活ができるようにすることを優先的に行う仕事です。

看護師は、病気やケガを治すことが最優先になり、病気を改善するための治療が優先されます。この様に看護と介護は、優先的に行う役割や視点が違ってきます。

■仕事の内容の違い

介護の仕事の内容は、排泄介助・入浴介助・食事介助・移動・移乗介助等や高齢者とのコミュニケーションを取ったりレクやレーションなども大事な仕事になります。

看護士の仕事内容は、医師のサポートや注射・点滴・利用者のバイタルチェックなどの健康チエックを通して療養上のお世話をしたり処置などの医療行為を行うのが仕事の中心となります。

この様に看護師と介護士では、仕事内容に関しても大きな違いがあることがお分かりになったことでしょう。

■看護師と介護士の大きな違いとは

介護施設において看護師、介護士とも、なくてはならない役割を担っていますが、介護士は利用者と身近な関りを持った存在ですが、特に看護師は非常に重要な役割を持っています。体調管理やバイタルチェック・処置などの医療行為ができるのは、看護師だけだからです。よって介護士は、看護師の指示のもと利用者の体調に合わせたお世話をしたりします。

ただし、実際にある介護施設では看護師と介護士の区別なく看護師が介護士の仕事の範囲まで行っている施設もあります。介護施設では介護士の人数の割合が多く看護師は数名と少ないのが現状です。
一番の理想は、その垣根を越えて介護士であってもできる仕事を協力しあっていくことで看護師もゆとりをもって看護記録を書く時間や医療処置などを行う時間がとれるようにすることが出来ます。
そうすることで、おたがいが協力していくことで介護士もよりよい介助にあたることが出来ると思います。お互いの仕事の範囲や役割をどの様に区別して協力していくかによってスムーズな業務運びができることでしょう。

■まとめ

施設においては、看護師と介護士の仕事をよく把握して看護師にしかできない仕事、介護士にしかできない仕事の役割りを決めて協力して効率的な業務分担をしていくことが大切です。また、看護師・介護士が統一したケアができるようにするためやお互いの仕事の役割りをスムーズにこなせる様に課題がある場合は、ミーティングなどをもって話し合うのも良いケアをするうえで必要なことでしょう。

株式会社コネクトは介護の現場で働くあなたを応援します! 転職をご検討の際にはお気軽にお問合せください。

関連記事

  1. 介護職のこれから!人手不足の解消策はきっとある。

  2. 介護職におけるキャリアアップの目標設定とは?

  3. 介護職への復帰!!目標とするキャリアアップ勉強法!!

  4. ニーズが高まる介護職の医療行為と医療知識

  5. 転職の目的を整理しよう!!

  6. 介護職に多い問題と解決策

  7. 介護職には国家資格とそうでない資格があるの?ポイントご紹介

  8. 介護職とコミュニケーション

最近の記事

  1. より良い職場の選び方

    外国人看護大学生が行う実習内容
  2. より良い職場の選び方

    看護留学中の大学生がアルバイトで注意すること
  3. より良い職場の選び方

    インターンシップに参加するための普段着どこまで許…
  4. より良い職場の選び方

    特定技能1号・2号で変わる在留資格条件

おすすめ記事

  1. より良い職場の選び方

  2. より良い職場の選び方

アーカイブ